わきが治療に対して保険を適用する際の手続きと注意点を確認します。

HOME>オススメ情報>わきがは治療で直せる改善ができる症状です

ワキガは改善できます

2種類ある汗腺のうち、アポクリン腺が多い人が多い人はわきが体質の人です。日常のケアで臭い対策をしても変わらない時は、手術や注射で改善する方法を考えましょう。

利用する際の流れ

  • 治療前のカウンセリングを予約する。
  • カウンセリングで治療方法を明確に聞く。
  • 健康保険適用の治療となるレベルかを確認する。
  • 任意保険適用可能なレベルの治療か確認する。
  • 任意保険会社の支払い対象治療を確認する。
  • 手術日を決めて任意保険申請書類を用意する。
  • 健康保険証を手術当日に持っていく。
  • 負担分に応じた診察代をいったん支払う。
  • 任意保険の給付に必要な申請する。
  • 規定日以降に振り込まれたことを確認する。

コストの不安

脇 わきがに悩んでいる場合、周りにも迷惑がかかってしまうということも考えて、積極的に治療をすることを考える人も多いです。しかし保険適用外になると考えている人も多く、コストがかかりすぎてしまうので、手術に踏み切ることができない人もいます。保険が適用される治療法もあるので、対応をしているクリニックを探してみるとよいでしょう。一般皮膚科でも対応をしていることがあるので、美容の観点から治療を行いたいのではなく、根本的な治療を考えている場合には、一般皮膚科を受診するとよいです。今はウェブサイトでも情報を収集することが出来るようになっているので、わきが治療を受けることができるのかどうか、調べることも簡単です。

多汗症の治療

女性 わきがは多汗症という疾患になるので、保険適用で手術を受けることができる、という場合もあります。治療法によっても異なりますが。本人負担が5万円以下になっているクリニックが多いので、気軽に治療を行うことができます。

長期的な治療

女性 わきがの治療で手術を行い、汗腺を減らすという方法もありますが、投薬などで対応をすることも多いです。長期的に投薬を行うことによって、症状を改善することができますし、保険適用内で治療を行うこともできます。